カテゴリ:フランス( 5 )

オーディオガイドのススメ  ルーブル美術館

パリに美術館はたくさんあるけれど やっぱり有名なのはルーブル美術館
どこがどーすごいのか ちょっと確かめに行ってみよ

こんないい加減な気持がたたったのか
ルーブルの中に入るまでが なかなか大変だった

午後からルーブルを見て回る予定で 
午前中街歩きに出掛けた私
彼とは13時にルーブルの近くのオベリスクで待ち合わせをすることにした
。。。。。。。。。。
でも うまくいかなかったー
寒い中一時間待っていたんだけど 彼は違うところを歩き回っていたそうな
やっと会えたと思ったら「今日はもう疲れたから帰る」

ガーン

気を取り直して翌日もう一度ルーブルへ
有名なガラスのピラミッドに近づくと どうも様子がおかしい

えー!休館日。。。。。


翌日三度目の正直
やっとガラスのピラミッドの下に潜ることができた

持ち物チェックしてロビーに入ってからも また大変
チケット売り場に長蛇の列
オーディオガイドを借りるのに長蛇の列
見学を始めるまでに一時間もかかった

取り合えず有名な ビーナス像 ニケ モナリザを駆け足で見学
モナリザの周りの人だかりがすごかった~全然近づけない

有名どころを押さえた後は オーディオガイドを聞きながら細かい作品を見ていく

と!

これが面白いったら!

題材となっている神話のエピソード
人物の動作のひとつひとつに込められた意味
描いた画家の置かれていた状況
一枚の絵が当時の政治にも影響を与えることがあったこと  などなど

オーディオガイドを聞きながら 作品を見ていくと 時間どんだけあっても足りない
彼と18時に待ち合わせをすることにして 一人で心ゆくまで見て回らせてもらった

私は彫刻より絵画のほうが断然面白かったな
「民衆を導く自由の女神」はルーブルにあったんだね~
本物を見られたのでうれしかった
ちょうどそのとき 隣に日本人ツアー客が来ていたので ちょっとガイドさんの説明を盗み聞きしたりして♪♪

彫刻では「泣き男」がドキリとした
かなり大きな彫刻で くら~い雰囲気が漂ってくるようで なんか存在感のある作品だったなあ

夕方までみっちりルーブルを堪能☆☆
こんなに美術館が面白いものだとは知らなかった~
入場料が9.5€って聞いたときに「高い~大英博物館はタダなのに!」って思ったけど
こんだけ楽しかったら入場料の価値は充分ある!
オーディオガイドも絶対借りるべき!
[PR]
by oisiitabi | 2010-08-23 06:38 | フランス

おいしい町パリ 「BREIZH CAFE」

アムステルダムにいたとき メールチェックをした私はニヤニヤしてしまった
「今週末パリに行きます もし二人がパリにいたらデートしよ」
こんなメールがKMARさんから届いていたから

ひゃー 楽しみ☆☆

KMARさんはパリにも長いこと住んでたから パリのおいしいもの楽しいことたくさん知ってる
「よろしく!」と返信したら こんなメールが返ってきた
「じゃあ おいしいクレープ屋さん予約しとくね」
早速食べるものを決めて 予約まで入れちゃう力の入りよう 
さすがおいしいもの番長 尊敬です!

連れて行ってくれたのは「BREIZH CAFE」っていうそば粉のクレープで有名なお店
なんとここは日本発祥のお店なんだって!
日本人とフランス人の夫婦が青山(だったかな??)で始めたクレープのお店が大評判で
とうとうパリに支店を出したんだって 帰国子女

楽しみにしていたそば粉のクレープが食べられるなんて わくわく

店の中に入って びっくり 超満員
寒いから順番待ちのお客さんも店の中にいて すれ違うのもやっとなほど
日曜日のブランチを楽しむ親子連れ 日本人観光客 中国人観光客・・・・ワラワラワラワラ
大人気!

メニューのフランス語がチンプンカンプンな私たちのために KMARさんがおいしそうなのを選んでくれた
ご飯クレープを3種類 
デザートクレープを2種類
シードルをボトルで
全員納得のおいしさだったのが このニシンのクレープ
b0164382_563011.jpg
そもそも ご飯がクレープってのが日本人的発想から離れている上に ニシン??
「この前来たときこれがすごくおいしかったんだよ~」というKMARさんの言葉
食べてみるまで 半信半疑
でもねーやっぱりおいしいもの番長の言葉だけあって ウソはナシ
クリームの中に脂ののったニシンの塩漬け(ハーリング)がごろごろ入っていて うまー!
クレープの皮はもちろん甘くなくて 香ばしくて クリームとよく合う
シードルもおいしかったー
b0164382_572897.jpg
これはりんごのサイダーにアルコールが入っているような飲み物 でもアルコール分は意外とお高め
調子に乗ると結構酔っちゃうらしいです
そば粉のクレープにはシードルを合わせるのが 定番とのことでした

デザートを選んでて 興奮
「ねー抹茶アイスがのってるクレープあるよ これ絶対おいしいよ だって日本生まれだもん」
かりっと焼いたクレープの上に 冷たい抹茶柚子アイス ベストマッチでした
b0164382_58214.jpg
もうひとつ頼んだ塩バターキャラメルのクレープもうまかった
ここで使っているバターがブルターニュ地方から取り寄せている 特別なバターなんだって
スーパーとかでは買えない 牧場特製のおいしいバターなんだって
このおいしいバターが挟んであるクレープ! すてき☆

食事を済ませた私たちは パリ一周の急ぎ足観光に出発!
観光客の多いマレ地区を歩き おいしい空まめコロッケのお店のあるユダヤ人街を歩き
有名なノートルダム寺院を横目に ごてごて飾り立てた市庁舎を横目に モンマルトルへ!
モンマルトルの丘のてっぺんには大きな白い教会がそびえていて とってもきれいだった
たくさんのカフェや似顔絵屋さんや絵描きさんが集まっていて 活気のある所
歩いているだけで楽しくて 滞在最終日にもう一回来ちゃうほど気に入る場所になった

KMARさんとは次の日 一緒にボンマルシェっていう高級食材店に出掛け
またまたいろんなことを教えてもらった
そこで買ったのが 前述の粗塩バター「Sel de Mer」
このバター気に入りすぎて おいしすぎて 二回も買ってしまいました
フォションの本店にも連れて行ってもらったり ラドゥレのマカロンを「見に」行ったり☆☆←高くて手が出ない
今回も大変お世話になりました
どうも ありがとう!
[PR]
by oisiitabi | 2010-08-12 05:09 | フランス

おいしい町パリ こうばしバゲット

私たちはポートデクリシーっていうアラブ系の人が多い下町に泊まったんだけど
やっぱりパリだけあって パン屋さんが多かった
おっとパン屋さんじゃなくて ブーランジェリーだっけ? パティスリー?パティスリーはお菓子屋さんか
朝早くからお店が開いてて 子供が朝食用のパンのお使いに走ってたりする
一番安いバゲットが0.7€ 
焼き立てに当たったらもう大変 手はほかほかするし いいニオイするし 部屋に戻るまでに絶対先っちょかじっちゃう
他にも大の大人がかじりながら歩いているのとすれ違ったから きっとこれ私たちだけじゃないはず
冷めててもおいしいのに焼きたてなんて 外が余計パリパリで中が余計ふわふわで食がススムススム!
これにさっきの「Sel de Mer」バター塗ったら 一本くらいあっというまに食べ切っちゃいます

日本の雑誌でよく「パリで一番おいしいパン屋さんランキング!」みたいなのを読んでたせいか
頭の中に「パリ行ったらPAULのパン屋さんに行かないと」って刷り込まれてた
ちょっとお値段高くて おまけに敷居も高いのかな~なんて思ってたんだけど 拍子抜け
パリの街のあちこちに建っている「PAUL小屋」
何かと思ったら サンドイッチとか売っているの 
最初は「これはPAULの真似っこの偽物だ」って思っていたんだけど 本当のPAULがやっているチェーン店なんだって
それを聞いて あっという間に長年の憧れが流れてった 
そんなパリ中あちこちで食べれるものとは知らなかったよ~ありがたみ薄れるじゃん
「PAUL」と大きく書いたショッピングバッグを提げた日本人観光客を見かけたけど きっと彼女も日本から憧れてきたクチだな
でも意外に庶民派でびっくりしたんじゃないのかな?
ってわけで 結局「PAUL」にパンを買いに行くことはなかった
だって下町のパン屋さんで充分すぎるほどおいしかったんだもの

泊まっていた安宿の一階がカフェになっていて 毎朝出かける前にそこでコーヒーを飲むのが日課だった
知らなかったんだけど フランスで「コーヒーください」って言ったら エスプレッソが出てくるんだ
彼はエスプレッソ 私はカフェオレにお砂糖をたっぷり入れて 飲む
私たちがパリにいたのは5月の終わり頃 まだ肌寒くて 温かいコーヒーを飲むをほっとしたなあ
2杯飲んで3.1€ 日本より全然安かった

このカフェで 憧れのパナシェにも挑戦した!
観光でたくさん歩いて へとへとでカフェに駆け込み 彼がビールを注文した
私はパナシェ 
実はパナシェって何なのか いまいち知らなかったんだけど ビールを甘い炭酸水で割ったもの
ここは単なるソーダ水だったけど レモン風味のお店もあるみたい
女の子向けの軽い飲み物でとっても気に入った☆
スペインへ行くとこれが「グララ」って名前になる パリのものよりちょっと濃い目でこっちもおいしかった☆
[PR]
by oisiitabi | 2010-08-12 05:01 | フランス

おいしい町パリ! うまうまチーズ

日本にいるときに食べて感激したチーズがある 
青と天使のパッケージの「CAPLICE des DIEUX」
b0164382_21443062.jpg
バターのように滑らかで 口の中でとろける!
アンモニア臭さも少なくて とーっても食べやすい
イギリスでもドイツでもスーパーに並んでいたけど 「パリで買うんだ♪♪」って我慢してきた
そして パリのスーパーでやっと大好きなCAPLICEたちと会えた~!!
「CAPLICEたち」と書いたのは いろんな種類があったから
日本でも見かける手のひらサイズの物のほかに もう一回り大きいサイズもあったし
b0164382_2145268.jpg
(ちょっとボケちゃってるけど)こんな食べ切りサイズ3個セットなんてのもあった
母の日が近いせいか「母の日パッケージ!」みたいな赤い花をあしらったのもあった
値段にびっくり
日本だとひとつ1500円くらいして なかなか手が出ない
けど!
これだけでもフランスに来てよかった~

なんと ひとつ3€以下

日本の4分の1じゃん
いっぱいCAPLICE食べるぞ~♪♪うれしすぎ

b0164382_214646100.jpg
CAPLICEがおいしいことは重々承知 当たり前
知らないカマンベールにもチャレンジ!ってことで スーパーやボン・マルシェでいろいろ買い物
冷蔵庫がないから 部屋に帰ってくると「部屋の中がたくわん臭い・・」ってなるくらい いろいろ買ってた
b0164382_21473053.jpg
名前しか知らなかったマンステール(モンステール?)って種類にもトライ
絶対カマンベールより臭いって思い込んで 恐る恐る口にしたんだけど カマンベールのほうが臭いくらいだった
けっこうなめらかで CAPLICEみたいな初心者向けなのが好きな私でも大丈夫だった
おすすめです マンステール
見た目オレンジでちょっとびっくりするけど 「オソルルニタラズ!」
[PR]
by oisiitabi | 2010-08-06 21:50 | フランス

おいしい町パリ! 粗塩ジャリジャリバター

エシレバター
カマンベールチーズ
バゲット
PAULのパン屋さん
フォション
ガレット
ボンヌママンのジャム
キッシュ
クロワッサン
大きなカップで飲むカフェオレ
パナシェ!

「絶対パリに行きたい」とは思ってたわけじゃなく 近くまで来たから行っとくか くらいの気持ち
でも行くとなったら 食べたいもの見たいものはたくさんある!

一番楽しみにしていたのは「エシレバター」だったかも
しかしこれは待ちきれずベルギーのスーパーで買ってしまった・・・
しかも青と赤のうち一種類しかなくて 字も読めない
「ええい!」と幸運を信じて買ってみたら 無塩バターだった・・・・・味が無い・・・・・
バターとしてはいいものなんだろうけど 何せ味が無い
バゲットに付けて塩を振りかけて食べる毎日 ちぇ
まあ 買うもの間違えたんだから当たり前なんだけど 期待外れ

でもKMARさんにすご~くおいしいバターを教えてもらったのだ☆
b0164382_21355772.jpg
それがこれ! 「Sel de Mer」
パッケージに塩田の絵が書いてあることからもわかるように
このバターの主役は「塩」なのかもしれない
近所のパン屋さんで焼きたてのバゲットを買い込み このバターをのっけてパクリ
ユルっとしたバターの食感の後にくるのが 「ジャリジャリ感」
そう バターの中に粗塩がたーっぷり入っているのだ
「これとバゲットだけでどんどん食べられちゃうよ 怖いくらいにバターなくなるよ」って言われたけど
まさにそのとーり
ジャムみたいにたくさん食べられちゃう

このバターを食べていて 長年の疑問が解けた
小さい頃よく読んだ「大草原の小さな家」シリーズ
ローラ・インガルス・ワイルダーが開拓時代の家族の暮らしを綴った小説なんだけど
よく出てくるものに「バタつきパン」ってのがある

小さい頃バターと言えば 日曜日の朝ごはんのトーストに薄く塗るものだと思っていた
小さい頃の私の頭の中では バターはパンの脇役の感覚
確かにおいしいけど ローラの食べている「バタつきパン」はなんか自分の食べているのとは違いそう

「バタつきパンて!」

パリで パンにバターをのっけて食べていて 急にローラのバタつきパンを思い出した
「これか~こういう食べ方が あの バタつきパンなんだ!」
やっとわかった
きっとローラも手作りのおいしいバターを パンにのっけて食べていたに違いない
薄く塗る脇役のバターではなく もしかしてパンより主役を張っているおいしいバター
なるほどね☆

塩なしバターと塩たっぷりバターを食べ比べてみて 
バターにとって塩がいかに大事かってことがよくわかった☆うん いい勉強になった
[PR]
by oisiitabi | 2010-08-06 21:36 | フランス


「おいしい」を求めて    世界をウロウロ☆


by oisiitabi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに
韓国
中国
ベトナム
ラオス
タイ
マレーシア 
フィリピン
インド
エジプト
イスラエル
イギリス
ポーランド
ドイツ
オランダ
ベルギー
フランス
スイス
イタリア
マルタ
スペイン
モロッコ
メキシコ
ペルー
ボリビア
空港泊レポート

以前の記事

2012年 08月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

フォロー中のブログ

まいにち 右往左往 東奔西走
自然って素晴らしいですね♪

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧