ペナン島 2009年11月3-7日

タイ・アオナンからマレーシアペナン島までの移動は1日仕事だった
朝6時に宿に迎えに来たバン(ハイエースくらいの大きさ)に乗り込み出発
途中何人かの旅行者をピックアップしながら けっこうなスピードで飛ばしていく
私はてっきり 途中で大きなバスにでも乗り換えるかと思っていたのだが
国境の町ハジャイで乗り換え マレーシアに入ったゲートの外でもう一度乗り換えたのも同じようなバン
結局ペナン島までずっとバンだった

ペナン島に到着したのは日が落ちる頃
乗客のリクエストに応えていろいろな場所まで送り届けながら進むので 結構時間がかかった
特に宿の予定がなかったので 私たちも運転手さんにお願いして安宿まで連れて行ってもらう
b0164382_1120922.jpg
連れて行かれたのがチュリア通りの「スイスホテル」 一晩35リンギット(約1050円)
ううう なんか暗い雰囲気  
でもwi-fiも飛んでいるし 一晩だけここに泊って明日いいとこ探しに行こう
部屋に入ると最初は気づかなかった「タバコのにおい」にうっと来た
誰かがこの部屋にこもって何週間も一日中タバコを吸い続けていたようなニオイ 部屋全体に染み付いてる
違う部屋はないか聞いたんだけど 他の部屋もしけっぽいにおいがして うううっ
「明日起きたら絶対違う宿を探しに行く!」そう決意して就寝

日の当らない部屋だから 朝が来てもちっとも目が覚めなくて起きたら11時近く
急いで荷物まとめて部屋探しに行くのがおっくうになっちゃって 連泊することにしちゃった
しかし なんであんなに臭い部屋にそのまま4泊もしたんだろう
今思うと不思議だし これからは絶対しないぞ~臭い部屋にガマンして泊るのはヤメよう
次の街へ移動したあとも かばんや洋服にニオイが染み付いて オエってなったもんな

なんでペナンに来たかというと 中国で出会ったKくん・Mちゃん夫婦に勧められたから
昔しばらくここにいたKくんが「マナーがよくて いい街だよ~」って言ってたのが印象的だった
私たちがペナンに行くことをメールすると「インド街のキャプテン・クックがおすすめ」とのこと
インド街へ探しに出かけると「キャプテンズ」ってお店を発見
「多分これのことだね クックじゃないけどキャプテンって書いてあるし お客さんでにぎわってるし」
私はタンドリーチキンとチーズナンのセット 彼はチキンビリヤニ(インド式ピラフみたいなもの)を頼んだ
大きなオープンレストランで キッチンはドリンクを作るところ 釜でナンを焼くところ 大きな鍋でビリヤニを炒めるところ
幾つにも別れていて インド人の店員さんが大忙しで働いていた
注文を取りにくる店員さんの迫力に負けそうになる
黒い肌と大きな目 「何にするんだい」 そんなに接近されるとなんかプレッシャー感じるんですけど
ニッコリともせず真面目に注文を待っている
彼が去ったあと「インド人とこんな間近で話すの初めてかも」
「すごい迫力あるね~インド行ったら毎回こうなんだねえ~練習になるね」って彼と話す

チキンビリヤニが印象に残った ほうばると口の中がインドの香りでいっぱいになる
「う 口の中にインド人のおっさんが入っているみたいだ・・・」
わたしはちょっと苦手な味だけど 彼はとっても気に入ってそれから何度もビリヤニを注文していた
b0164382_1120453.jpg

ナシカンダルにも何度かお世話になった
店先に何種類ものカレーがトレーに入って並べられていて 好きなだけトッピングできる
イカのカレー 魚のカレー 具のないカレー チキンカレー カレーだけでも10種類以上そろっている 
カレーのほかにフライドチキンなどもあって カレーの上にのっけるとおいしい☆
わたしが「おっ」ってなったのはゴーヤチップス 香ばしくてカレーとよく合う♪
ラッシーやコピテも毎回頼んだ これは甘い飲み物
コピテはコーヒーと紅茶を混ぜてあり 昔香港で飲んでからとっても気に入ってる飲み物
やっぱりちょっと味わいが違って 香港のほうがおいしいと思ったな
b0164382_11205981.jpg

カレー屋さんではロティもおいしくておすすめ
薄いクレープの皮みたいなのが油でパリッと焼かれていて それを小皿のカレーと一緒に食べる
安いのは0.8リンギットくらいからあり30円もしない 
軽食としてよく食べられているみたいだ
私たちがロティを食べていたら  隣の夫婦が「正しい」食べ方を教えてくれた
「ロティを細かく千切って その上にカレーをドバっとかけて食べる」のが地元流みたいだ
カレーのお変わりまで店員さんに頼んでくれて
有無を言わさず わたしのロティの上にはカレーがかけられて パリっとしていたロティがムニムニになってしまった
「わたしはパリパリのまま食べるのが好きだな~」
「せっかく親切にしてくれたんだから 笑顔で頂いときなさい」
は~い これはこれでおいしかったです☆

ペナン島はマレーシアの中でも美食の地として有名なんだそうだ
郊外には大きな屋台街があって おいしいご飯をお得に食べられて 観光客なら絶対外せない「ガーニードライブ」ってところがある
ペナンに来る前は「絶対に行く!」と決めていたのに なんかうまく予定が回らなくて 食べにいけなかったの心残りだな・・・

ペナンの街並は古い建物がたくさん残っていて 散歩のしがいがある
特に観光客の来なさそうな通りにも 普通に人が生活している古い建物がたくさんあって それを見ながら散歩する
街中が中国語多数なのに驚いた
中国語の看板がたくさんかかっているし 中国系らしき店員に中国語で話しかけたら中国語が返ってきた~!
なんかうれしー!「久しぶりに中国語聞いたね 話したね 通じたね」 二人で盛り上がった
飲茶屋さんのおばさんも英語で注文を取るんだけど 中国語でも応対してくれる やっぱうれしい
2ヶ月ぶりの中国の空気を楽しむ
でも不思議 マレーシアには中国系・インド系がこんなに溶け込んでいるなんて
カレー屋さんでカレーを食べている中国系の人 不思議な光景だなあ
中国系の多くの人は中国本土に行ったことがないかもしれない
それでも自分は中国人だと言い 中国語も話せる これも不思議なことだなあ
だって日本にはほとんど日本人しかいない
違う国の人が自分のルーツや言葉を保ちながら共存していて「インド系だけど日本人」ってのとかないもの
今日本でもいろんな国の人が生活しているけれど マレーシアみたいになっていくのかなあ
いや ならないだろうなあ
都市部では増えたとしても ここまで国中に浸透することは想像がつかないなあ
日本に外国人が増えることはわたし個人としては大歓迎だけどね

よく 失われていく昔ながらの習慣や言葉や建物や風景を惜しむ意見を聞く
それに大いに同感する自分もいるけれど 
いやちょっと待って わたしたちがいま話している言葉も 着ている服も 住んでいる土地も
昔々大陸からだれかが文化を持ち込み 日本古来のものと溶け合い 長いことかかってこうなってきたもの
縄文時代・弥生時代から残っている言葉や習慣なんてあるのかな
人間は常に便利さや楽ちんさを求めて ここまで変化を繰り返してきた
進化を求めて 進化しつづけてこそ人間って気もするときがある
失われていくものがあることは仕方がないってね
昔のものを残していこうと思えるのは 進化し尽して来たからこその意見なのかもしれない

さて思わず四日も滞在してしまったペナンを出て 次は首都クアラルンプールへ向かう
コムタタワーの下でチケットを買い バスが出るまでの時間お昼ご飯を食べに出かけた
途中で人だかりの屋台を発見 チェンドルだ!
しかもこの前ネットでチェックした「立ち食いチェンドル」屋さんじゃない?? 
b0164382_11212422.jpg
こんなに人気な屋台を食べずに通り過ぎれる??無理無理!
何人もの人に横入りされながらも なんとか注文 無事チェンドルがわたしの手もとに☆
ココナツミルクと黒蜜とヤシのゼリーやなんかがクラッシュアイスと一緒におわんに入っている
カキ氷とはちょっと違って もっとジュースっぽい感じ
b0164382_11214263.jpg
結構甘いんだけど 氷がじゃりじゃりしているからさわやか♪ あっという間に食べれちゃった
立ち食いしている間もお客さんが絶えなくて 車で乗り付ける人 大量にお持ち帰りする人 などなど
最終日にこの屋台に出会えたのはラッキーだったなあ

最終日にはもう一つラッキーな出会いがあった
それはインド系の洋服屋さん
外に飾ってあった白いワンピースにひかれて店内に入ったら ううう 大ショック
かわいいものがありすぎる ハンドメイドの刺繍のお高いブラウスもかわいいし インドチックなワンピもかわいい
でも一番かわいかったのがミラーワークのロングスカート しかも種類が豊富 一枚1500円ほど
実はミラーワークのスカートはバンコクで一枚購入済み
値引きするしないで彼と険悪なムードになりながらも購入した大事な大事なスカート 一枚1000円弱
ミラーワークってのはインド独特の布装飾で 西部のラジャースタンやグジャラートあたりで盛んなものらしい
砂漠で生活する女性が自分の居場所をキラキラ光ってお知らせする意味もあるとか
昔カッパドキアでこの素材のスカートを買っていらい ロングスカートとミラーワークが大好きになった
それが!それがそれが!
今目の前に大量に並んでいるじゃないか!
大好きな白×黒のほかにも 紫・茶色・緑・・・・・・・どうしよ 欲しい・・・・・・・・
一生懸命チェックしていたら 店のおばさんも「脈あり」と見たのか すごい売り込んでくる
このブラウスと合わせるといいよ~とか 何枚も買うならちょっと安くするよ とか
もうほとんど買う気になっていたのだが すんでのところで我に返り 店を出る
わたしが買わないと知るとおばさんは「No Shopping?」
そうです 長い間見たのにすみませんねー!あたしのかばんにはスカートを大量に入れるすきまがないんですよ
でもいつか来たら絶対に買うから許してね
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
クアラルンプールへ行くバスの中でも「あーあのスカートが欲しかった」と何度もうだうだ後悔
たくさん買って日本に送ってもいいな とか未練たらたら
でも前向きに考えよう インドに行ったら 本場でもっと安く買えるかもしれない
でもよ インド人てスカートはくのかなあ あれは外国人向けの商品なのかなあ
それだったらインドで手に入らないってことも考えられるし・・・・
でも行ってみないとわかんないしね 
あたしの大好きなミラーワークのふるさと 絶対に見に行くぞ♪
ペナンで思わぬインドものと出会って わたしはインド旅行がますます楽しみになってきた♪
[PR]
by oisiitabi | 2010-01-04 11:23 | マレーシア 


「おいしい」を求めて    世界をウロウロ☆


by oisiitabi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
はじめに
韓国
中国
ベトナム
ラオス
タイ
マレーシア 
フィリピン
インド
エジプト
イスラエル
イギリス
ポーランド
ドイツ
オランダ
ベルギー
フランス
スイス
イタリア
マルタ
スペイン
モロッコ
メキシコ
ペルー
ボリビア
空港泊レポート

以前の記事

2012年 08月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

フォロー中のブログ

まいにち 右往左往 東奔西走
自然って素晴らしいですね♪

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧