ルアンパバン  2009年9月27ー10月1日

バンビエンからルアンパバーンへの移動がちょっと辛かった~
宿で頼んだ「VAN」はハイエースが一回り大きくなったような感じ 
そこに12人がぎゅうぎゅう詰めになって出発
結構な山道を越えていくんだけど 運転手の飛ばすこと飛ばすこと!
私の座っていた補助シートなんて 傾きすぎて何度も外れてしまったほど
これなら多少時間がかかっても ローカルバスでゆったり移動したほうが正解だったかも

ルアンパバーンのお勧めゲストハウス☆
ThanaBoun GuestHouse
48/3 XiengNuan Villade, Sisavang vong road
Tel 856-71(260606)
王宮博物館のならびにあり レセプションがネットカフェも兼ねています
まだ新しくて清潔 wi-fiも飛んでて快適~♪♪
オーナーの中国人はあんまり感じが良くなかったけど
フロント兼雑用係の若いラオス人の男の子がとっても親切でした
ツインの部屋は1泊10万キップ(約1000円)

ラオスでちょっと困ったのがATMで少ししかお金が下ろせないこと
ATM手数料が約100円かかるのに 一回70万キップ(約7000円)が限度
7000円なんて二日で使っちゃうよ~
100円とはいえ何度も払ったら手数料もバカにならないわ~
余談だけど タイでびっくりしたのがATM手数料が一回450円もかかること!
下ろした後レシートを見て 二人でびっくり&凹んでしまった
でもよく考えたら タイでは最大約6万円下ろせるから
一回450円かかっても ラオスより全然お得なんだけどね

ルアンパバーンでは毎晩ナイトマーケットが開かれていた
王宮前の道にたくさんの屋台が出て おみやげ物を売っている
布の絵本とか赤ちゃんのまいかけ(うちはこれのこと「おまいか」って言うけどみなさんはどう?)
ストール 布のブローチ ふかふかのスリッパ ラオスデザインのTシャツ
「きっとこんなのタイにも売ってるぞ」と思って買わなかったけど
今思うとルアンパバーンでしか見ないものが結構あったように思う
裸電球の屋台が延々と続くナイトマーケット なかなかいい雰囲気でした
b0164382_1918597.jpg

荷物を増やせない私にはお土産屋さんよりも「おいしいもの」のほうがうれしい♪♪
ナイトマーケットを通り過ぎると 端っこのほうには食べ物屋台が集まっていた
炭火で焼く魚・豚肉・焼き鳥 うまい~
b0164382_19191353.jpg
アツアツのもち米と一緒にほうばると ほんとに幸せな気持ちになる♪♪
スティッキーライス(もち米)大好き~~~!!
トレイをたくさん並べて売っているのがおいしそうで 野菜のおかずをいくつか買った
これは・・・・・口に合わなかった
タケノコの煮物がすごくおいしそうで期待してたのに なんと「ミント味」・・・・ありえん!
煮物がミント味って・・・・スースーする煮物って・・・・!!!
まだまだ香草に慣れていない私たちです

最後の日郊外にある滝に泳ぎに行った
滝に着く手前でびっくり なんと象が道を通せんぼして木を運んでいる!
うわ~かわいい♪♪ 
もしかしてあれは客引きのために象を道に出していたのかもしれない
あたしはすっかり象にメロメロになってしまって「絶対乗りたい 帰りに象に乗ろうよ~」
1時間象が森の中を散歩してくれて 1人15ドルってすごく安いし♪♪
彼は「絶対ディスカウントさせるぞ」って頑張ったけど 値引きはしてもらえなかった
象使いの男の子が象の首に乗って 私たちは象の背中の荷台?に乗った
象が歩き出すと 背中の上は結構ゆれる
象使いの男の子がいろいろ命令するんだけど 象がマイペースなとこがかわいい
立ち止まって木の葉を食べたり 小さい道に入ろうとしたり 
途中で象使いの男の子と交代して わたしが首の上に!
じかに首の上に座ると 肌のゴワゴワした感じや チクチクした産毛(?)
なによりも想像以上に温かい体温が伝わって うれしくなる
これは象の首の上から頭を見たところ 毛が見えるかな?
b0164382_19193336.jpg
象使いの真似をして足を動かしたり 声をかけたりしてみたけど あんまり伝わってなかったかな
降りる前にバナナをあげるんだけど これがまたかわいくて!
象は私たちがバナナを持っていることが分かっているから 鼻をグーンと背中のほうに伸ばしてくる
背中の上の私たちの手のところまでちゃあんと鼻が届いて あっという間にバナナを持っていく
ちゃんと噛んだの?ってくらいすぐに「次のバナナちょうだい~!!」ってまた鼻を伸ばしてきた☆☆
降りた後 ごほうびにたくさんのやしの葉っぱをもらって食べている姿が まぁたまたかわいくて!
b0164382_1920150.jpg
象は土や砂がついて汚れた葉っぱは嫌いなんだって
だから食べる前に足に葉っぱをたたきつけてバシバシ汚れを取る
それでも汚れがとれなかったら「ポイ! こんなの食べないよ~ん」と放り投げてしまうのだ
乗るのはもちろん楽しいんだけど 降りてから象を見てたほうが余計楽しかったかも

肝心の「滝」はと言えば これもとーってもよかった
b0164382_1921143.jpg
滝というか小さな中国の黄龍みたいだった
石灰成分の溶け込んだ水が小さな水溜りをいくつも作って それが滝になっている
黄龍は世界遺産だからそんな中で泳ぐわけにいかないけど
「ルアンパバーンの黄龍」では泳ぎたい放題 飛び込みたい放題
とはいえ小雨が降るような天気 トゥクトゥクの上では肌寒いくらいだったし 泳げるかしら??
滝についてみると なんと 泳いでいたのは3人の欧米人のおばあさん!
「寒くないんですか~」と聞くと「Amazingよ~」とのこと
恐る恐る入ると 最初は「ギャー」って思ったけど すぐに慣れて楽しくなった
小さな滝から飛び込んだり 滝を上まで遡ってみたり
彼が寒がるからそうそうに切り上げたけど 天気がいいときなら1日いても楽しめそう~

この頃(というか12月現在今でも)かなりの頻度で食べていたのが「フレンチフライ」
日本だと「フライドポテト」ですね
ベトナム・ラオスで頼むフレンチフライは安い上に自家製 
冷凍ものなんてつかってない大きなカットのフレンチフライが旨い!
中でも一番おいしかったのがルアンパバーンのメコン川沿いのレストランで食べたこのフレンチフライ
塩の代わりにマヨネーズが出てくるところが多い中で ここのこの「上に振られた大量の大粒塩」は秀逸
口の中でジャリジャリ言う塩をホクホクポテトのコンビネーションがすばらしかった!
b0164382_19202812.jpg

ラオスは麺もおいしい
麺と一緒に大量の香草類がお皿に盛られて出される
自分の好きな香草をトッピングして 生のままフレッシュハーブと一緒に麺を食べる
インゲン豆みたいなのもこの皿に盛られて出てくる
火の通ってないガリガリのインゲン豆なんて初めは抵抗があったけど
インゲンの青臭さが意外と麺に合うことが 最後のほうになって分かってきた

ラオスのルアンパバーンと言えば有名なのが「メコン川をスローボートで移動すること」
タイとの国境まで2日かけてゆっくり移動するのが人気
同じ道のりを7時間ほどで走り抜ける「スピードボート」ってのもあるんだけど
余りにもスピードがありすぎて 衝突事故が発生することもあるんだとか!
私たちはスローボートでタイへ抜けようと旅行代理店を回っていたら
途中で一泊しなければならないスローボートでの移動がだんだんめんどくさくなってきて
夜行バスでタイ国境まで行き 国境を渡ったらチェンマイまで送ってもらえるキップにしちゃった~
旅行に出る前は「スローボートに乗るぞ♪」って決めていたのにおかしいな~どうしちゃったんでしょ
[PR]
by oisiitabi | 2009-12-16 19:22 | ラオス


「おいしい」を求めて    世界をウロウロ☆


by oisiitabi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに
韓国
中国
ベトナム
ラオス
タイ
マレーシア 
フィリピン
インド
エジプト
イスラエル
イギリス
ポーランド
ドイツ
オランダ
ベルギー
フランス
スイス
イタリア
マルタ
スペイン
モロッコ
メキシコ
ペルー
ボリビア
空港泊レポート

以前の記事

2012年 08月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

フォロー中のブログ

まいにち 右往左往 東奔西走
自然って素晴らしいですね♪

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧