成都(2回目) 2009年8月25日

飛行機を降りたのは11時過ぎ とりあえず街の真ん中までバスで行き今夜の宿を探す
九寨溝と比べると成都はかなり暑く感じる なかなかいい宿が見つからなくて汗だくだ~

休み休み2時間ほど歩いたとき 大学の近くで見つけたのが「華西酒店」
大学のお客さん用に営業しているような感じで モダンで快適なのに手ごろな値段 しかも朝食つき♪
窓から見える古い建物もステキだったなあ
くたくただった私たちは大喜びでチェックインしました

成都は辛い四川料理の都だ
同じ料理を頼んでも 成都で食べると辛さが一段とアップしている~
このころ気に入ってよく頼んでいたのが「涼伴キュウリ」 (伴の字がうろ覚え・・・)
キュウリが薄くにんにく塩漬けになっていて その上に辛味たれがかかっている
今までの土地では上の辛味ダレがそんなにきつくなかったんだけど 成都のは真っ赤っかでラー油みたいだった
b0164382_929635.jpg
これ自体もまぁ辛いんだけど 他に辛い料理を食べるときにぴったりな箸休めになります
私たちが泊ったのが学生の多い地域だったせいもあるのか 宿の周りには安くて手軽な食堂がいろいろ
軽食スタンドも道沿いにいろいろある 
中国どこでもあるけれど「珍珠奶茶」がおいしい 大好き
これはもともと台湾で生まれた飲み物 日本ではブラックタピオカミルクティといったほうが一般的かな?
小指の先ほどの黒い大粒のタピオカを 甘めの濃いミルクティに入れて一緒に飲む
透明なストローで吸うと 底からタピオカが順々に上がってくるのが見えて笑える楽しくておいしい飲み物だ♪

九寨溝で見かけたチベットの雰囲気が気になっていた私たちは次にどこへ行くか決めかねていた
このまま雲南省へ抜けていくか  それともチベットを見に行くか
2009年夏外国人がチベット自治区へ行くのは難しかった 
旅行会社ですべての予定をたて ガイドをつけないと自治区へ入る許可証が下りない
ガイドをつけるには結構お金がかかるし 旅が固定してしまうのもいやだな
ここで耳寄りな情報が♪
チベット自治区まで行かなくても 四川省の西のほうはチベット文化圏になるんだそうだ
今では多くの中国人が訪れ 観光地化されてしまったチベット自治区に比べると 
観光客も少ない四川省のチベット文化圏は 昔の雰囲気が残っているとも言えるなんて読んだら 行くしかない☆☆
バスターミナルで路線図を一生懸命読んで まず「康定」というところまでの切符を買った
9時間ほどかかるらしい チベット文化が見られるかな?
行ってきまぁす!!
[PR]
by oisiitabi | 2009-12-02 09:34 | 中国


「おいしい」を求めて    世界をウロウロ☆


by oisiitabi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
はじめに
韓国
中国
ベトナム
ラオス
タイ
マレーシア 
フィリピン
インド
エジプト
イスラエル
イギリス
ポーランド
ドイツ
オランダ
ベルギー
フランス
スイス
イタリア
マルタ
スペイン
モロッコ
メキシコ
ペルー
ボリビア
空港泊レポート

以前の記事

2012年 08月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

フォロー中のブログ

まいにち 右往左往 東奔西走
自然って素晴らしいですね♪

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧