陽朔 クライミング「ムーンヒル・月亮山」

私たちの泊っていた宿のオーナーは、顔を合わせると「今日はどこに行ってきた?」と聞いてくる
半日のクライミングを終えて戻ったときもそうだった
私がクライミング好きなことを知ると、
「それはちょうどいい!今クライミング部の大学生が合宿でうちに泊っているんだ 
                       彼らのコーチを知っているから、一緒に登れるように話してあげよう」
半日では物足りなかったので 喜んでお願いすることにした
次の日ロビーで10人ほどの大学生たちと顔をあわせて自己紹介
「マオリーミン(←私の名前を中国語読みするとこうなります)と呼んでください」と話したのだが
うまく覚えられなかったのか長くてめんどくさかったのか しばらくすると「マオ!」と呼ばれるようになった
そして岩場に着く頃には私の名前は なぜか「マウマウ」になっていた

2台のワゴンに別れて今日の岩場「ムーンヒル・月亮山」へ向かう
b0164382_20105829.jpg
ここは山肌にぽっかりと穴があいて向こうまで見えちゃうという不思議な風景の場所 その山肌に開いた穴に今日登る岩壁がある
岩場までは普段ほとんど誰も通らないのか足場がとても不安定 木の枝や草にしがみつかないと体が持ち上がらない
前を歩く中国人の女の子と「大丈夫??大丈夫??」と励ましあいながら ヒーヒー言いながら登っていく
現場に着いたときにはみんなヘトヘト 
私なんて「今日はもうクライミングやれないんじゃないか??」と思うくらいくたくただった
しばらく休んだ後大学生たちが登りだし 眺めていた私にも「マウマウも登ってみる?」と声がかかる
「靴はどうしたらいいですか 借りられますか?」と聞くと なんと登っていない大学生のを回し使い
やーほんとすみません お世話になります
b0164382_201233.jpg
何度か登って足がプルプル 手もプルプルしちゃうくらいになったので「今日はもう登れません あとは見学してます」宣言
岩の感じとしては 前回のワインボトルよりも少しボロボロしているように思った
実際登ってみると欠けたり崩れたりはほとんどしないんだけど 下からだとなんか崩れやすそうに見えた
でもそれはここで登る人が ワインボトルより断然少ないからだと思う
あまり人が来ていないから岩の表面が削られていなくてボロボロして見える それがはがれやすそうに見えるだけなのかな
b0164382_20122779.jpg

大学生たちのねばりには ほんとにほんとに感心した
男の子も女の子も 登りだしたらそのルートの頂上に行くまで絶対あきらめない
超えられない場所があると ロープにぶらさがって5分でも10分でも休憩してまた再度挑戦する
難しいルートは30分以上もかけて 休みながら考えながら試行錯誤して頂上を目指す
私の見ていた限りでは 誰一人 途中であきらめたりしなかった

自分のクライミングに対する姿勢をちょっと反省する 
どうしても掴めない手がかりや足がかりがあると 私はすぐにあきらめて「もうだめ 下ろして~」って言うなぁ
もっと何度も挑戦して ほんとは出来る!って思って頑張らなきゃ
でもでもでもよ 遊びでやっているクライミング
下でロープを支えてくれてる人を思うと30分もビレイさせるなんて心苦しくてできない・・・なんて言い訳もしてみたり・・・
b0164382_20101211.jpg

[PR]
by oisiitabi | 2009-12-01 20:04 | 中国


「おいしい」を求めて    世界をウロウロ☆


by oisiitabi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに
韓国
中国
ベトナム
ラオス
タイ
マレーシア 
フィリピン
インド
エジプト
イスラエル
イギリス
ポーランド
ドイツ
オランダ
ベルギー
フランス
スイス
イタリア
マルタ
スペイン
モロッコ
メキシコ
ペルー
ボリビア
空港泊レポート

以前の記事

2012年 08月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

フォロー中のブログ

まいにち 右往左往 東奔西走
自然って素晴らしいですね♪

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧