上高 7月28-8月3日

とうとう「上高」にやってきた~♪
みんなの歓迎ぶりがすごくて もてなされ過ぎて 心苦しくなってしまうほどだった
バスターミナルまで迎えに来てくれて まず連れて行ってくれたのが街一番の高級ホテル
最上階の角部屋でめっちゃ見晴らしがいい そして部屋のひろいこと!
いつも泊まっている安い部屋がこの部屋のシャワー室に納まってしまうほどの広さだ
応接室と寝室と大きなトイレ・シャワー室 照明も凝っていて豪華だな~
しかも宿代まで出してもらってしまった 
次の日「ここは余りにも豪華すぎます 身の程知らずです もっと質素なところに連れてって」
1人のこの身内がやっているというビジネスホテルに変えてもらった

みんなはいつもどうやって毎日をすごしているんだろう?
どうもそんなにやることがないから「毎日散歩して お買い物してる」んだそうだ
私たちも一緒に散歩しにいく 
色んなお店をぶらぶらのぞきながら歩き おなかがすいたら「お粥でも食べに行こうか」
お腹が一杯になったらホテルに戻ってお昼寝して「また夜ご飯迎えに来るね」
夕ご飯を一緒に食べたら また街歩き
暗くなると屋台がたくさん出て軽食やおやつを売りだす 
その中を散歩がてら歩いて またおやつ食べたり買い物したり 公園でみんなでダンスや体操をしたり
なんてのんびりした生活なんでしょう

びっくりしたのが一番仲良くしていたリージュンが「二人目の赤ちゃん」を妊娠していたこと!
二人目!?
「中国で二人目ってだめなんじゃないの??」と聞くと「罰金を払わないといけない」んだって
あと最初の子供は女の子なんだけど 二人目ももし女の子だったら「会社から怒られる」んだって
「男の子だったら許してもらえる」 でも妊娠するとき女か男かなんて自分で決められないよね!?変なの
余談だけど 毛沢東の息子夫婦は子供が二人いるのにたいしたお咎めもなくて国民から白い目で見られているらしい
「国民のお手本にならないといけないのに 自分が二人目の子供を作ってどうするんだよ!?」ということ
でも「あなたが二人目作るなら 国民もそのうち許されるかも」って期待する意見もあるんだって
リージュンの出産は来年2月 次回会うときはかわいい子供が増えてるんだな~楽しみ♪でもいつ会えるんだろう??

上高に来てびっくりしたのはメニューのない食堂が多いこと 
店に入るとまずみんなでキッチンへ行き キッチンの横の大きな冷蔵庫や食料置き場を見て 今日のおいしそうな食材を選ぶ
そして食材の調理方法を指定して注文する
友達と一緒のときはいいけど 二人だけで行ったときもこの方式だったから焦ったな~
そのときは豆腐を「紅焼」にしてもらいました

テーブルには無料のひまわりの種 かぼちゃの種が盛ってあって それをつまみながら料理を待つ
テーブルの下はゴミ箱代わり 種の殻も 魚の骨も 鶏の頭もみんなテーブルの下にポイポイ!
ご飯は食べ放題 食堂の真ん中に大きな木の桶が置いてあって そこから自分でご飯を盛る
江西省は昔から食料の豊かな場所なんだって だからご飯も食べ放題なんだろうな

自分史上最高辛い料理も食べさせてもらった
そこもキッチンで食材&調理方法指定方式だったんだけど 出てきた料理が超絶激辛
辛すぎて食べたら鳥肌が立ってしまった お腹が空いているんだけど全然口に入っていかない 飲み込めない
平気な顔をして食べる友達もいたけど
ヒーヒー言って汗かいて水飲んでいる友達もいて「中国人も辛いの苦手な人いるんだ~」とおかしかった
b0164382_17594736.jpg

夜の散歩で連れて行ってもらったデザートのお店が一番気に入ったかな
そこのお店の名物は「白涼粉」 パイリャンフェンと読みます 一杯2元(約30円)
透明なゼリーに黄色透明な薄いシロップが掛けてあって とってもさわやかなデザート
クコの実や黒いタピオカも入っていて おいしい!
友達は「夕ご飯を食べずにこれを2杯食べることもあるんだよ」って言っていた
うん これならあたしも2杯いけるっていうか3杯いけますわ♪
あとスライスしたトマトにたっぷり砂糖をかけたのも食べた 意外とこれもおいしくてびっくり
b0164382_1802055.jpg

リージュンの育った田舎に連れて行ってもらったのも楽しかった
大きな家の一階は倉庫みたいになっているんだけど そこでみんながマージャンをしたりご飯を食べたり
小さなキッチンではリージュンのママが料理をしている 
練炭を使った簡単なコンロが一つあるだけなのに 料理がどんどんでてくる
やっぱり雪菜好きだな~リージュンのママの作ったのは空芯菜の雪菜 空芯菜の歯ごたえも相まってたまりません♪

上高にいた5日間 毎日リージュンのダンナさんが一緒に迎えに来てくれて 山のお寺へ行ったり 遠くのお寺に行ったり
仕事はいいのか?会社の車使ってるけどいいのか? こっちが心配してしまうほど
もし日本で「妻の友達が来ているので5日間あんまり仕事に来れません」とか言ったら白い目で見られちゃうよね??
中国では大丈夫・・なんだろうか?事務所のトップだから特別許されることなのかな??
あんまり親切にしてもらうのも 毎日遊んでくれるのも 心苦しいものです
遠くへ行くガソリン代も ご飯代も お寺の入場料なんかも全部彼らが出してくれた
私たちが日本にいるとき 研修生たちと食事に出かけたり 海を見に行ったり ロープウェイで山に登ったりした
なるべく私たちがお金を出すようにしたけれど ここまでしたかな?
もし彼女たちが遊びに来たら 町で一番の高級ホテルの予約を取るほど 私たちは親切に出来るかな?
中国人の親切ぶりに驚いたし 今後のお手本にしたいものだなあ
[PR]
by oisiitabi | 2009-11-16 18:01 | 中国


「おいしい」を求めて    世界をウロウロ☆


by oisiitabi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
はじめに
韓国
中国
ベトナム
ラオス
タイ
マレーシア 
フィリピン
インド
エジプト
イスラエル
イギリス
ポーランド
ドイツ
オランダ
ベルギー
フランス
スイス
イタリア
マルタ
スペイン
モロッコ
メキシコ
ペルー
ボリビア
空港泊レポート

以前の記事

2012年 08月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

フォロー中のブログ

まいにち 右往左往 東奔西走
自然って素晴らしいですね♪

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧